<<フコイダンと癌をやっつける要素>>

フコイダンと癌をやっつける要素

フコイダンと癌をやっつける要素 多くの人の注目を集めているフコイダンは、癌をやっつける点で、効果を持っていると言われています。
抗癌剤や放射線治療など、癌治療にはいろいろな方法が用いられています。
しかし、最近になって、フコイダンの持つ癌をやっつける要素が注目を浴びるようになってきました。
その一つは、アポトーシス作用と呼ばれるもので、癌細胞が自ら死を選ぶように作用するというものです。
これによって、癌細胞が増え続けていくのを防ぐことができるようになります。
もう一つの要素は、免疫力を強化させるというものです。
この作用によって、体が持つ免疫細胞の数を増やすとともに、その働きを活発にすることができると言われています。
フコイダンに期待できるもう一つの重要な要素は、血管の新生を抑える働きです。
一般に、癌細胞は、十分に栄養の行き届いた血液を自分のものにしようと自分で血管を作っていきます。
それが患者の体に大きな負担を与えることになってしまうのです。
しかし、フコイダンが持つこの働きによって、患者の負担を軽減させることができます。

フコイダンのアボトーシス作用とは

人間の正常な細胞は一定期間が過ぎると、自ら死ぬように消滅していくのですが、この自然に消滅する作用のことをアボトーシス作用と呼びます。
私たちの身体の中では、毎日古くなった細胞がアポトーシスを起こして、新しい細胞と入れ替わる生命活動が行われています。
「新陳代謝」により人間の身体は、およそ200日ですべての細胞が入れ替わると言われ、健康な人の場合は、およそ六カ月毎に身体の細胞が新しくなります。
アポトーシスが正常に機能していないと、遺伝子が傷つけられた細胞が死なずに増殖を続け、ガン細胞となり身体のあちこちに転移し、蝕んでいきます。
フコイダンを摂取することで、消滅することを忘れたガン細胞を自ら死ぬことに導き死滅に至らしめます。
これがフコイダンのアポトーシス作用です。
モズクやメカブ、昆布などの海藻類のぬるぬるとした成分にはフコイダンが豊富に含まれており、体内の免疫細胞を刺激して活発にしたり、ガン細胞を死滅させるアポトーシス誘導作用があるとされています。