<<フコイダンの知られざる効果>>

フコイダンの知られざる効果

知られざる効果 フコイダンはワカメやコンブ、メカブといった海藻類に含まれるヌメリ成分で、天然成分である粘質多糖類のひとつです。
このヌメリ成分は、海藻が傷ついた際に修復したり、乾燥することを防ぐために存在しており、特に多く含まれる海藻はモズクであると言われています。
モズクは浅瀬に生育する海藻のため、潮の満ち引きや太陽の光によって乾燥しやすい条件にありますが、フコイダンを大量に含有することで体を守っていると言われています。
このフコイダンを体内に摂取することで、ナチュラルキラー細胞やマクロファージといった免疫機能を活性化させる作用で、病気などに対して免疫力を向上させることで感染病などのリスクを軽減します。
また、血液凝固抑制作用や抗アレルギー作用、肝機能向上といった効果が認められており、人にとって重要な自然治癒力を向上させることで、体中の様々な機能を正常化させると言われています。
また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因とされるピロリ菌を半減させる効果が発見されており、殺菌することで胃腸をピロリ菌による害から取り除くことができます。
食事ではモズクを主にして海藻類からフコイダンを吸収することができますが、最近はサプリメントでも手軽に摂取することができるので、体調管理を気にする人は積極的に摂取すると良いでしょう。

フコイダンを多く含む食品

フコイダンは近年、人間の免疫力を高める成分であるとして注目されています。他にも、制癌作用、肝機能向上作用、血圧上昇抑制効果など、いろいろな効果があると考えられています。胃潰瘍や慢性胃炎、胃がんの元になるピロリ菌は、この成分を摂取することによって減菌されるという効果も確認されています。
また美容にも良く、肌に塗ることによって保水効果を得ることができます。
フコイダンとは、海藻に含まれている水溶性の食物繊維成分のことなのです。海藻のヌルヌル、ヌメヌメしたねばりの部分がこの成分によって作られています。
もともとは、海藻の表面が乾き過ぎないよう保水をしたり、表面が傷ついたときに修復する役割を果たしていました。そのため、ワカメやコンブ、モズクなどといった海藻の食品に多く含まれています。また、海藻以外ではナマコなどから見つかっています。
それらの食品の中でも、特に多くフコイダンを含んでいるのはガゴメ昆布とオキナワモズクです。ガゴメ昆布とは北海道の函館近海でとれるコンブであり、非常に限られた環境の中でしか育ちません。しかし、他のコンブに比べてフコイダンの含有量が高いことで注目されています。
また、オキナワモズクは他の多糖が含まれていないため、より高純度の成分を抽出できることで知られています。

pickup

学習塾や教育コンテンツを展開する総合教育企業です

スプリックスの関連ニュースをご紹介しています。